フレッシュネスバーガー東上野店

夕方になったら酒を飲んでいいことにしている。


「いいことにしている」だけであって、実際に「いい」かどうかは別な話だ。


夕方と言っても明確な時間は決まっていない。


なんとなくだ。


暗くなったらOK、というのが大体の自分ルールである。


なので冬は比較的早く飲み始めることができる。


が、残念ながら今日は早くから飲む訳にはいけなかった。


というのは友人が来るのを待たねばならなかったのだ。


飲む気満々だっただけに困った。


しかし救いの手はあるものだ。


フレッシュネスバーガーはたまにハンバーガーを食べたりコーヒーを飲みに行く店だ。


が、こちらにビールがあるのを僕は思い出した。


しかも意外とお得感あるんだよ価格が。


なんと500円からビールセットというのがある。


こちらレーベンブロイの生ビールだよ。


それにフライドポテト、オニオンリング、チキンナゲットからセットを選べるというもの。


500円台という価格設定はサラリーマンには有り難いよね。


この仕組み思い出してよかった。


わざわざ居酒屋に入ってまでじゃない、という正に今日のようなシチュエーションにはピッタリなのだ。


と、言う訳で本日はオニオンリングフライを肴にかるーく飲み友人を待った。


いやあレーベンブロイ美味しいなあ。


チビチビと飲みながら気付けば友人からメールが。


ちょうどいい時間つぶしになりました。


七つ森

中央線は有名喫茶店が多い。


中野、高円寺、阿佐ヶ谷、荻窪とそれぞれ街は個性的だしいろいろな人がいるのだから、そりゃあお店も特徴的になるのは自然なことだろう。


若いときは各街の有名店を行ったり来たりしていたのだけどさすがにそこまでの元気は今の私にはない。


って、まだ四十そこそこなのだからそんな老け込んだことを言うべきじゃないんですがね。


とは言え時間的な制約はやはり年をとるに連れ増えるもので以前程こういうことに時間はさけなくなってきたな。


それで今日は決めうちです。


高円寺の超有名店、七つ森に久々に行きました。


とても有名なのはプリンなんです。


大きいんですよここのプリン。


もちろん自家製みたいです。


絶妙なアクセントをくわえているカラメルも多分自家製なんでしょうね。


感動の美味しさですよ。


コーヒーとも自然と合うんです。


たくさんコーヒーもあるけどジャーマンローストがおすすめかな。


私は今日3回目くらいでしたが、やはり良いお店だなあ。


ちょうど空いている時間を狙ったので幸い空いていて静かでした。


お昼時はすごい混雑するんで、ゆっくり過ごしたいひとはちょっと時間ずらすといいかもね。


雰囲気×コーヒーでこんなに幸せになれるんだから良い喫茶店ですね。


中央線沿いに住んでいるのに行ったことがないのならばもったいない、それだけのお店ですよ。


フレッシュネスバーガー井の頭公園店

友達のライブを見に吉祥寺に来ました。


すごーい久しぶりだ吉祥寺。


いつ以来だろう井の頭線に乗ったの。


昔は仕事でよく乗っていたのだけど、久しぶりスg過ぎて緊張しました。


で、吉祥寺についてすぐライブハウスに行こうと思ったのだけれど残念、友達が出るまではけっこう時間があったの。


私、長時間ライブハウスって正直苦手なんですよー。


だからどこかでカフェタイムをと思って今日はフレッシュネスバーガーに入りました。


いろんなところにあるからフレッシュネスって便利ですよね。


普段、マックとかにはあまり入らない私もドトールとスタバとフレッシュネスならなんか許せちゃうんだよね。


コーヒー美味しいですよね。


あとフレッシュネスはチャイもあるからいい。


今日はカフェモカをいただきました。


ちょっとラグジュアリー感あるんだよ、ここのカフェモカ。


とても幸せな気持ちになれました。


コンビニコーヒーが良いってあらゆるところで言われてて確かに美味しいんだけどこういうちゃんとした店で飲む方がやっぱりいいよね。


やはりコンビニのコーヒーとはひと味もふた味も違う訳ですよ。


しかもゆっくりほっこりできるからね。


一時間半くらいいましたかね。


かなり穏やかな環境で読書できたので良かったです。


ハティフナット

森ガール御用達みたいな雰囲気のお店なんですが、素直に可愛いです!!そういうのあんまり好きじゃないと思い込んでたんですけど、やっぱり女はみんなこういう感じにはやられちゃいますよね~。


まず、頭をかがめて入るようなちっちゃいドア。


かわいいポイントです。


そして階段をあがると木でいっぱいのメルヘンな店内!注文したいときはヨーロッパのおもちゃについてるみたいなヒモを引っ張って、注文。


これもかわいい。


そして伝票は紙じゃなくて木のスプーン!かわいい。


母親(50歳)もかわいいかわいいとメロメロになってやたら気に入ってましたね。


この日はプリンのかくれんぼっていうメニューとコーヒを頼みました。


メニュー名もいちいちかわいい。


かわいさに浸りまくるのもたまにはいいものですね。


意外とお酒メニューもいっぱいあって、女の子数人でココで飲むのもいいなーと思いました。


さっきからかわいいしか書いてないので、味はイマイチなの?と思われるかもしれませんけど、ちゃんとおいしかったです!ケーキだけじゃなく食事メニューも充実してるんですよね。


あと、高円寺には多いですけど、営業時間が長いのが嬉しい!お店の雰囲気からすると10時には絶対閉まってそうなんですけど、夜中の0時までやってるというのが嬉しい。


残業ですさんだ心を癒しに、また訪れたいと思います。


自由人酒場

高円寺駅を下りてガード沿いを環七方面に歩いて行くと飲み屋の多さに驚く。


確かに北口の方がたくさん商店街もあるしにぎわっている雰囲気はあるのだけれど、夜となれば実は南口が熱いのだ。


と、知ったのは実は最近。


私も北口で飲んで帰ることが多かった。


場合によっては高円寺民にも関わらずわざわざ中野や新宿に出ていた。


ひどい話だ。


最近やっとプライドが出てきたので意識して高円寺にいる。


しかも家に近い南口に。


中でもなかなか面白いお店を見つけた。


自由人酒場。


こちらはビジュアルがもう自由だ。


店内のかわいい内装やら大きな扉など、いかにも高円寺っぽくていい。


駅から徒歩5分くらいという絶妙な近さ。


ちなみに私の家からも5分程度なので見事に隠れ家的に使わせていただいている。


うまいのはなんと言っても店長イチオシと言う自由人カレー。


絶品のキーマだ。


やや甘いが、これが夜中の酒にはよく合うの。


他にも沖縄料理や変わった野菜やらが言えば出てくる。


酒も当然たくさんあるし、店長とのおしゃべりは楽しい。


何時間でもいられるから家に帰りたくなくなってしまうなあ。


自由さが売りのお店はやっていたりやっていなかったりというのもまた、いいところ。


今週末は営業してくれているかしら。


味床

直島という瀬戸内海の島に旅行に行ってきた。


この島、とてもアーティスティックで、たぶんベネッセが出資して、島全体にさまざまなアートをせっちすることや美術館を建てたりすることで町おこしを成功させたところである。


たぶん。


地中美術館というところは、崖を利用した美術館で、フロアが1f~b4まで、という地下に進んでいく形の美術館となっている。


楽しい。


とても楽しい。


また、ほかにとっても印象的だったのは、町の中にあるアート施設で、可視光線ぎりぎりの明かりだけがついている部屋、というものがあり、入るとただの真っ暗闇にしか見えないのだが、15分くらいたつと、その光がじわーっと見えてきて、へやがどんな形をしているかが見えてくる、というものだ。


なんか不思議だった。


設備さえ整えば、これ作れるんちゃうかなーなどと、故郷の町おこしを考えてみたりした。


直島から香川県にフェリーが出ているので、香川へ。


香川県、正式にうどん県と呼ばれるほどのところ、これはうどん一択でしょう。


とおもいきや、うどんやさんがめちゃくちゃ多い。


びっくりするほど多い。


かなり迷ったが、まあ観光案内に大きく取り上げられてた店に入店。


味床というところ。


うまかったし、何より安かった。


びっくりした。


そりゃ毎日食べるわ。


荻窪 邪宗門

東京に何軒かあるんですよね、邪宗門。


喫茶店好きの人におすすめのお店をきくとみんな口を揃えて邪宗門と言うので、気になってしかたなかったんですがやっと行って来ました!荻窪駅の北口を出るとちっちゃな商店街があるんですが、そこの1階が入口です。


まず、外装からしてここ絶対いいに決まってますよ!超レトロ~思わず写真いっぱいとっちゃいました!ドアを開けるとおばあちゃんが出て来ましたよ。


おだんご頭で、なんか品のある女性です。


ジブリ作品に出て来そうな感じ。


2階が席になっていて、階段を上がるとさらに素敵空間出現!お店は古くからやっている歴史あるところだそうで、壁には歴代のお客さんがのこした落書きがいっぱい。


壁も歴史を感じさせるセピア色になっています。


水滸伝だったかな?歴史マンガがいっぱいあって、古いラジオみたいなものもあって、これまたジブリに出て来そうなかんじです。


ベネディクティンコーヒーというのが気になったので頼んでみました。


クラシックな器に入ったコーヒーと、ちっちゃいグラスに入った洋酒がでてきて、これを交互に飲むんだそうです。


先にお酒を含んで、その余韻が残っているところにコーヒーを。


洋酒は電気ブランみたいなかんじで、ハーブ系の甘いお酒なんですが、コーヒーとこんなに合うんですね。


お店の雰囲気もあって、しつこいですがジブリの登場人物になった気分でコーヒーで酔ってしまいます。


お店のおばあちゃん、たぶんすごくいろんな知識をお持ちなんだろうなって思わせる方なんですけど、あったかくてかわいくて、将来こんなおばあちゃんになりたいなって思いました。


またこの味に会いに来ようと思います。


やるき茶屋新宿パレットビル店

今日は神宮球場で野球を見てきた。


ヤクルト対阪神。


僕はヤクルトファンではないがアンチ阪神。


そして友人はどちらも好きでない、という切ない状況(ならなぜ行ったのか、と問われるとタダ券があったからとしか言いようがない)だったが楽しめた。


7回までは。


1対1の好ゲームかと思いきや7回に阿呆な中継ぎが炎上。


ワイルドピッチとフォアボールで2点献上と最悪の結果に。


その後もピリッとせず気付けば5対1で8回へ。


なんかもう良くねえか、どっちからともなく我々は休場を後にした。


 タクシーで新宿へ。


これが神宮からの一番賢い選択。


どこの駅もそこそこ遠いのだ。


で、電車代にいくらかプラスすればすぐに新宿に着けちゃう。


で、新宿ではやるき茶屋に入ってまた飲み直した。


友人が奇跡的にクーポンを持っていたため超お得。


ここ刺身うまいんだよね。


専門店じゃないのにちゃんとやっている。


そして球場であまり金を撒かなかった僕らはここで大枚をはたく。


刺身枡盛り注文。


すごい格好良い刺身がくる。


美味しくいただく。


野球速報を携帯でチェックするとそのまま試合終了してた。


あちらは寒空のしたつまらない試合を、こちらは豪勢な刺身を食らう。


なんかすごい得した気分だ。


丸信ラーメン

結婚式の二次会で久々にKに会った。


彼が地元に帰る前は、いや、東京を離れてしまってからだったかも知れないが、何度か会い仲も良かった。


それがここ数年全く会っていなかったから突然の再会にビックリ。


二次会で一頻り飲んだ。


Kとも何を話したかよく覚えていないが、何度も乾杯した。


気付けば三次会でKはいなかった。


が、なんとその後行った丸信にいるじゃないか。


K君。


高校の時よく行ったラーメン屋だ。


昔は単に近かったからとか、安かったから来ていたが今は多少ラーメンの味も分かるようになったんだとKはまだ酔いがさめず言っていた。


結局店が閉めるから、と店員さんに言われるまで我々はだべってしまった。


しょうがない、ひさびさの再会と僕にとってはひさびさのこの味なのだ。


この懐かしいラーメン感はなかなか染み入るものがある。


実に十年以上ぶり?そんなに来ていなかったか。


さっぱりしてはいるものの奥が深い味わい。


そして自慢のチャーシューがまたうまい。


当時と変わらぬ味に満足した。


Kは帰りにチャーシューをお土産で買っていた。


高校のときは誰が買うんだろうと思っていたが、なるほど酔っぱらったサラリーマンか。


そう言う訳か。


またこの地を訪れたらぜひ来たいものだ。


はなまるうどん新宿西口店

パソコンを買いに新宿に出かけた。


新宿という町が結構好きだ。


歌舞伎町のカオスっぷりもすきだし(最近だいぶ落ち着いて気がするが)、西口の電気街、オフィス街の、妙に陰鬱とした感じも割と好き。


南口は、高島屋のイメージしかないが、最近工事が進んで、だいぶ往来がしやすくなった。


本屋さんもあるよね。


北口、というか北側の、百人町方面は謎すぎてあんまり言ったことがない。


けっこうおっかないイメージがある。


2丁目とかより全然怖い。


今日は電子機器なので西口に降り立った。


最近はパソコンの進化早いねー。


えらいスピードで進化し続けている。


テラなんて単位が当たり前になってしまったもんなー。


ヨドバシカメラもすきなんだけど、新宿で家電関係を買うときは、ビッグカメラと決めています。


なぜなら、ポイントカードがあるから。


ビッグのポイントためるの楽しいよね。


ヨドバシももちろんポイントはたまるんだけど、還元率がビッグのほうがいいときがおおい。


というより、俺がほしいものの還元率が高いのがビッグカメラな気がする。


無事、安めのノートパソコンをゲットしたわたくしは新宿西口にきたらなぜか食べたくなるはなまるうどんを食べに行った。


新宿西口のはなまるうどんは地下にあって、どんどん降りていくとその門をくぐることができる。


店内は狭いんだけど、テーブル席もあってなんとなく好きなんだよね。


ハチ公口 クーポン